artist

otto&orabu

音パフォーマンスパーカッションバンド otto&orabu

otto(おっと)は、「心地よい不揃いの音」という独自の表現スタイルをコンセプトに、2001年に民族楽器を中心に結成したパーカッショングループ。

パワフルな音、弱い音、不規則な音、そして足並みが揃わない頑強にずれる音。

個性を持つ音は、純粋に楽しくセッションすることによって心地よい不揃いの音が生まれます。

また、ヴォイスグループorabu(おらぶ=鹿児島弁で「叫ぶ」の意)は叫びのコーラス隊。

ottoのリズムとorabuのヴォイスが絶妙のコラボレーション空間を創造します。

即興的なイメージの組み合わせによる新しい音の発見と偶然性を大切にしながら、一貫してオリジナル曲で構成するフリースタイルのパフォーマンスは、聴く人に感動と驚きを与えています。

様々なミュージシャンとセッションを行うなど、日本各地で活動中。2014年には初のCD音源「encounter」をリリース。

http://www.shobu.jp/index.html