artist

OKI DUB AINU BAND

カラフト・アイヌの伝統弦楽器『トンコリ』を現代に復活させたOKIが率いるDub Ainu Band。

電化したトンコリをベースとドラムで強靭に補強したヘヴィなライブサウンドに、アイヌに歌い継がれるウポポ(歌) の伝承曲やリムセ(踊り)、アフログルーヴ、レゲエ、ロック等が混在した越境DUBサウンドで人気を博す。

主に海外フェスでのライブ実績を重ね、アルバム「OKI DUB AINU BAND」(06年)のリリースを機に日本上陸。

これまで世界最大規模のワールドミュージック・フェスとして知られるWOMADをはじめアジア、アメリカ、ヨーロッパなど世界各地をツアーし、また日本国内でもFUJI ROCK を始め、数多くのフェスに出演している。

そして2010年7月にはアルバム「サハリン・ロック」を発表し、国内でのツアーのほか台湾、ネパール、ロシアで公演。

2011年春にはOKIx内田直之による同タイトルのダブミックス作「Himalayan Dub」をひっさげ全国13カ所でツアー。

また、ランキン・タクシーとのコラボ曲『誰にも見えない、匂いもない 2011』をDIY HEART(東日本大震災 義援金募集プロジェクト)で限定リリース。

2016年3月には5年ぶりのニューアルバム「ウタリズム」を発表。同年11月にダブ・ミックス4曲をプラスした2枚組レコードを発売し、全国15か所を巡る「UTARHYTHM」発売記念ツアーを行い大盛況を収める。

2017年3月にオーストラリアで開催された” WOMADelaide “、”Brunswick Music  Festival”に出演し大盛況を博し、オーストラリアの各メディアでも大反響を呼ぶ。

5月はカザフスタンで開催のワールドミュージックフェスティバル”The Spirit Of Tengri”にも出演するなどワールドワイドに活動を続けている。

メンバーはOKI(Vocal/Tonkori)、居壁 太(Vocal/Tonkori)、沼澤 尚(Drums)、中條 卓(Bass)、HAKASE-SUN(Keyboards)、内田直之(Recording&Mixing)。

http://www.tonkori.com/